ダッチは錆びる…

最近ほんとこれしかネタがありませんw

R0019980
ダッチオーブン収納ケースを買ったので中に入れときました。
本などには新聞紙にくるんで収納すると書いてありましたがめんどくてそのまま…

したらやっぱ錆びました。
R0019983
ポツポツと錆びが浮いてます。
このくらいはすぐ取れますが、長期収納時などは注意した方が良さそうです。

というわけで、久々にスノーピークのダッチオーブンで調理です。

R0019994
ちょうど家にキャベツとベーコンとジャガイモがあったので投入

R0019999
コンソメとか水とか酒とかを投入して蒸し系です。
酒は贅沢にも水芭蕉w

30分火を入れる…
と出来た。

R0020003
いい具合ですね。

R0020005
ただ蒸し系をやると速攻錆びますね。

ダッチオーブンは調理したらすぐに違う容器に移すのが基本です。
R0020007
じゃないと錆びが恐ろしい事になります。
30分放置しておいたらもうまっ茶っ茶だそうです。

手間が掛ってめんどいけど、それがまたひとつの楽しみ…(と思い込んでます

スキレットで餃子リベンジ…

先日コテンパンに焦げた餃子でしたが、はやくも再戦するチャンスが到来しました。

今回の対戦相手はこれです。
R0019927
前回よりヘビー級!
ぷくっっと太っています。
無差別級…

R0019930
今回は頼もしい助っ人がいます!
専用油くんです…ってなにか違うのかな??

R0019931
前回は油が多かったので、今回は塗りこむ事にしました。
専用油くんごとよく熱します。

R0019933
前回は菜箸を使って並べたら時間が掛って失敗したので
手で直接掴み光速で並べてやりました。
これで均等に焼けるはずw

R0019938
水を入れて蒸すぜ…
水と油を見間違えないように凝視。

R0019939
堂主のアドヴァイス通り竹串で刺してみたw
よし上手くいっています。
今回は調子いいぞ〜
そして出来たのがこれだ…

スキレットで餃子

スキレットを購入する時に色々調べていた中で、「餃子が美味しく焼ける」という記事を多く目にしました。
そんなわけで餃子を焼いてみる事に…

R0019837
やっぱ餃子は宇都宮でしょ!

R0019840
スキレットに油を張ります。
よく温めます。

R0019841
本体投入!
並べるのに意外と時間がかかるw

R0019846
下に焼き目が付いたら少量の水を投入して蓋をし、蒸しに入ります。
水がなくなり、パリッと焼けたら完成です。

焼きあがった餃子がこれだ…

「料理が出来る」とは…

僕の中で、「料理が出来る」と言える定義は、
レシピとかまったく見ずに調理出来る事と前から思ってます。
しかも、冷蔵庫にあるあり合わせの材料で出来たら文句なしです。
レシピ本を見て作っているレベルではまだまだです。

なんて偉そうな事言ってすみません…
もちろん僕は出来ませんw
いつもなんかを見て参考にして作ってます。

しかし、今回はそういう事に挑戦する機会がありました。
なんか嫁はんが調子悪く僕が夕食を作る事になったのです。

冷蔵庫にあった材料
R0019795
タマネギにナス、ホールトマト…。
これはイタリアが僕を呼んでいます。
つーわけで調理開始!

R0019793
ここで伝家の宝刀「スキレット」の登場ですよ!
最初に包丁の背で軽く潰したにんにくを炒めます。
もちろんレシピとか見てません。

R0019794
タマネギを炒めます。
スキレットは全体に熱がまわるから均等によく火が通りますね。

R0019798
ナスを投入した後、シメジさんがあったのでついでに投入!
たぶんおk

R0019801
よく火が通った後でついにホールトマトを入れます。
勘で塩と胡椒とジェノベーゼを加えておきました。

R0019796
また蓋をしてグツグツ煮ます。
このリフターももちろん買いましたw

R0019805
最後にチーズがあったので加えてみた。
そんで完成したのがコレだ…

アイアンボーイ…

クロモリ大好きの僕ですが、見ての通り最近は鉄調理器具にもゾッコンです。

ダッチオーブンやコロダッチで色々試みているわけですが
前から欲しかったアイテムをゲットしました。

それはこれだ


R0019628
LODGEのスキレット!
平たく言えば鋳鉄のフライパンです。

R0019630
蓋もゲットー
本体と蓋が同価です。


R0019632
蓋の裏には水滴を還元するシステムが装備されていて
特に厚い肉を焼く時なんかはジューシーに仕上がるそうです。

難点は、相当な重量だという事と錆びる点です。
まぁダッチオーブンはみんな同じですから気にしません。
これでリストを鍛えますw

さて、早速使ってみたよ

イカすイカご飯

というわけで続きです。

昨日の下ごしらえが完了しているイカの煮物?を使っていよいよイカご飯を炊き込みます。

ご飯を0.8合研いでおいて、30分水にさらした後ざるに上げておきます。
そのお米をコロダッチポットに投入。

そこへ昨日の下ごしらえの煮汁を入れます。
R0019657
こんな状態です。
蓋をして沸騰してから15分煮ます。というか炊きます。
吹きこぼしやすいので注意です。

その間にイカを準備します。
R0019659
まぁ普通に輪切り
脚の先には毒があるらしいんで、ちょびっとだけカットすると良いらしいです。

この時点ではイカは冷たいですが、炊きあがったご飯の蒸らし段階で投入します。
15分蒸したら…

イカす…

先日烏賊を貰いました。

読めますか?烏賊 イカです。

父親の故郷が富山県なのですが、そこから新鮮なイカを頂いたそうなのです。
そんなわけでうちもおすそわけゲットや

でもすぐ取りに行けなかったので冷凍してもらいました。
新鮮の意味なしw

R0019644
レンジで半解凍。
便利な世の中だ〜

とまだメニューをお知らせしていませんでした。
今回はコロダッチカプセルを使ってイカご飯に挑戦です。

とりあえず下ごしらえ

※写真
フリッカーにアップしてませんでしたw
後で追加予定

イカをさばいた状態です。
といっても簡単、脚を引っこ抜いてクチバシ?と目を取るだけです。

それを水150ccと酒50cc、醤油大さじ1.5杯の液体で煮ます。
R0019646
落としブタをして10分煮込んだらあとは自然に冷ましてから冷蔵庫へ。

ここまでで下ごしらえ完成!
つづく…

続:ダッチで焼き鳥

R0019540
というわけで焼けました。
なかなかいい感じですよー
でも、部屋中が焼き鳥臭くなりました…

R0019529
そして、もも肉を刺す時に剥がしておいた皮オンリーでもやりますよw
僕は皮が一番好きなのです!!11!

R0019547
皮も焼けたw

R0019549
なかなか美味しかったです。

焼き鳥カフェ エネオスでお待ちしております。

ダッチで焼き鳥

嫁から「焼き鳥焼くよー」というわけでダッチオーブンの出番です。

R0019526
もも肉+ネギ

R0019528
通称『ネギマ』です。

手際良く刺していきますー
ウソです手際全然良くありません…
竹串を指に刺したりしながら一生懸命やりましたw

R0019531
よし来た用意できた!
ダッチオーブンはスキレット部を使います。
ガンガン予熱や

R0019534
塩はもちろん鳳凰で決まりです。

R0019537
後は中に入れて蓋をして焼くだけです。
もちろんスノーピーク専用のリフターも買いましたよ…

長くなったから続く…

スパニッシュオムレツ…

とまぁ和鉄ダッチオーブンを見事忘れたBBQでしたが、作りたかった料理は「スパニッシュオムレツ」です。
材料も用意してあったのでアルミホイルを使って作ることにしました。

R0019485
中に具を入れます。
ホイルを5枚ずつ重ねて簡易フライパン?と蓋を作成

R0019494
あとはこのUFO状態で焼き、裏返してそのまま焼いたりしたら

R0019496
普通に出来た。

R0019498
ダッチオーブンいらなくね?
というのはキンクです。

R0019481
手羽先もダッチオーブンで焼きたかったなー

<< | 2/4PAGES | >>

エネログ内を検索

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

profile

Twitter

links

categories

selected entries

archives

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

Letters(紙ジャケット仕様)
Letters(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
大貫妙子,荒井由実,松本隆,甲本ヒロト,DOUBLE KNOCKOUT CORPORATION,春嵐,宇多田ヒカル,吉田美奈子,尾崎亜美

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM