コーヒープレスに挑戦してみる…色々な楽しみ方があるのが珈琲のいい所ですね

ご無沙汰しております。
ネタはたくさんあるんですが、放流側に問題ありです。

さて、今日はコーヒーネタです。
僕はいつもドリップでコーヒーを淹れています。
R0020467
通称『落とす』ってやつですね。

コーヒーの淹れ方にはいくつも種類があるんですが
僕はまだまだヒヨっ子のため、とりあえずドリップのみを追求していました。
やっと、ある程度のレベルで安定的に淹れられるようになったので
次は違うの試してみたくなりました。

R0023521
何故か?家にあったコーヒープレス。
せっかくあるんだからコレを使ってみない手はないぞと、やってみました。
R0023523
まずは、容器を暖めます。
お湯を注ぐだけです。

R0023524
これはいつもと同じ作業。
豆の量を計ります。

R0023526
ドリップとプレスの最大の違いは、豆を挽く時の細かさです。
ドリップは中細くらいですが、プレスはもっと荒く挽きます。
あまり細かいと、メッシュから抜けてしまうからですね。

R0023527
容器を温めたお湯を捨てて、豆を淹れたらお湯を注いで蒸らします。
ここで大事なのは『お湯の温度』です。
90°くらいで注ぎます。(まぁ勘ですw

でも、ドリップでも味を決めるのはお湯の温度ですね。

R0023530
十分にお湯を淹れたら、軽くかき混ぜて4分待ちます。

R0023531
さすがに時間はちゃんと計りますw

R0023532
時間が来たら、ゆっくりとプレスしていって
ゴミが浮いている上澄みを捨てた後、

R0023534
これまた温めておいたカップに注ぎます。

R0023535
ドリップは、紙で油分が吸い取られますが、プレスは油分が多いですね。
より豆の風味を感じられるとの事です。

アウトドアでコーヒーを淹れる時に使われる、『パーコレーター』もこんな感じかな?
あれ買おうかどうか迷ってます。


この記事のトラックバックURL
トラックバック

エネログ内を検索

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

profile

Twitter

links

categories

selected entries

archives

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

Letters(紙ジャケット仕様)
Letters(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
大貫妙子,荒井由実,松本隆,甲本ヒロト,DOUBLE KNOCKOUT CORPORATION,春嵐,宇多田ヒカル,吉田美奈子,尾崎亜美

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM