ジープ復活祭…暗電流を探せその1

あの震災当日から、一週間ほどジープには乗っていませんでした。
嫁様のシエンタを借りて通勤していたのです。
そして、一週間ぶりにジープに乗ろうとエンジンを掛けると…

掛けると…掛けると…掛かりません。

『カカカッ』

っと典型的なバッテリー上がりです。
こないだ車検受けたばっかりなのにぃ
一週間でバッテリーが上がるというのは暗電流(漏電)が原因の事が多いのです。
そんなわけで、ジープの暗電流対応を行いました。

プロの方は、暗電流用のテスターみたいなもので探していくのですが
僕はそんなもの持っていません。
さらに、普通のテスターも火事で燃えてしまいました…
そこで僕が取った対策は

『後から付けた電装部品を全部外す』

です。
さて、いってみましょー
R0023167
まずは、バッテリーそのもののチェックです。
ディーゼルエンジンなので2個積んであります。
型番は『105D31R』
なかなか大きなタイプです。
いつから使っているかは曖昧なのですが…
たしか、3年くらい前に交換したような気がする…

と、この記事を書いている時点で自分のブログを検索してみると
あった!
なにー!2005年の11月とは…5年半か。
もうこの時点で寿命かもw

そんなわけで、以下に行った対策は『焼け石に水』かもしれません…

R0023170
バッテリー充電器のチェック機能を使用すると、要充電となってます。
とりあえずバッテリー液の補充と、充電を行ってみます。

R0023173
オートアールズで買ってきた物。
・ゲルマニウム入りバッテリー液
・普通のバッテリー液
・クーラント液

R0023174
バッテリーの水面は、極端に減っているほどではありませんが
少し下がっていたので補充します。

R0023178
2個でちょうど1L入りました。

R0023217
前回のバッテリー交換時に導入したアイテム。
エルマシステムの『のび〜太24』
サルフェーション除去でバッテリーの寿命を延ばしますとの事ですが
今回5年半でやられちゃったとすれば、効果があるのかないのか微妙…
つーわけで、コネクターを外しました。うし

R0023182
こちらは普通の修理兼になります。
ジープのワイパーモーター
助手席上部にあります。
もう何年か前からか記憶にありませんが、ワイパーが正常に動作してませんでした。
だんだんスローになって、最後は止まる…
去年の梅雨はガラコで乗り切った記憶有りw

今回、暗電流の疑いもあるのできっちり交換!

R0023183
上部の部品を外し、

R0023185
超原始的な作りを確認。

R0023187
真裏でCリング固定という『取り外し難易度A』の状態でしたがなんとか外しました…

R0023189
可動部に給油をしてワイパー完了!
きっちり動作します:)
これで今年の梅雨は乗り切れそうです…

長くなったので続く

この記事のトラックバックURL
トラックバック

エネログ内を検索

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

profile

Twitter

links

categories

selected entries

archives

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

Letters(紙ジャケット仕様)
Letters(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
大貫妙子,荒井由実,松本隆,甲本ヒロト,DOUBLE KNOCKOUT CORPORATION,春嵐,宇多田ヒカル,吉田美奈子,尾崎亜美

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM