整理整頓に終わりはない…

佐藤可士和の超整理術
佐藤可士和の超整理術

先日の本をきっかけにだいぶ生活が変わった僕です。
まず、簡単に内容の要約を…

1.空間の整理整頓をする。
2.情報の整理整頓をする。
3.思考の整理整頓をする。

上記をする目的で書かれた本です。
--
空間の整理整頓とは、要するに片付けです。
身の回りに見えているものを捨てたり整えたりする作業。


情報は、主にPCの中や身の回りのデータを捨てたり整えたり…
実際に物体はないけど、目で見る事が出来る。


思考の整理は自分の頭の中。
まったく物体がないため掴みづらい。難易度高!

--

まず、空間の整理整頓をすると…
・気持ちよく仕事(生活)が出来るようになる。
・必要な物(情報)を探す時間が短くなるようになる。
・活動空間が広くなる。
・余分なものを買わなくなる。

というわけで、やっぱオススメです。

以下、僕が空間の整理整頓を実行して思った事。
1.整理にはある程度の時間がかかる。
 ・ほとんどがいらない物を捨てる作業
 ・この本には整理するためのノウハウがバッチリ書いてあります。

2.整頓には時間とお金がかかる。
 ・整頓とはあるべき物をあるべき場所に格納すること。
 ・そのあるべき場所を作るために、出費が発生する。

と整理整頓とは実作業にて時間とお金がかかる事を覚悟せねばなりません。
しかし、完了後には気持ちよい生活と検索にかかる時間が大幅に減るため
長期的に考えれば圧倒的に時間の節約になりますね。
逐一見直すというアップデート作業もかなり重要です。

次に、空間の整理整頓で得たノウハウを使って情報や思考の整理へと繋がっていきます。
こちらは現在実行中なので、また後日レポート乙の予定ですv
つーわけで、堂主もがんがって実行してくらはいw

この記事のトラックバックURL
トラックバック

エネログ内を検索

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

profile

Twitter

links

categories

selected entries

archives

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

Letters(紙ジャケット仕様)
Letters(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
大貫妙子,荒井由実,松本隆,甲本ヒロト,DOUBLE KNOCKOUT CORPORATION,春嵐,宇多田ヒカル,吉田美奈子,尾崎亜美

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM